ドラム初心者が買うべきもの5選

ドラムを知ろう
  • ドラムを始めたいけど、何が必要か知りたい
  • どれを買えばいいかわからない
  • あまりお金をかけずにドラムを始めたい

ドラムを始めようと思っても、練習するために何を準備すればいいかわからないですよね。

僕は大学から独学でドラムを始めて10年以上続けています。

この記事では、僕がドラムを始めた時に必要だと感じ、購入すべきもの5選を紹介します。

できるだけお金のかからないように最低限のものを紹介します。

この記事に書いているものを買えば、すぐにドラムの練習を始めてメキメキ上達していきますよ。

早速紹介していきます。

買うべきものはこれ

  1. ドラムスティック
  2. チューニングキー
  3. スティックケース
  4. 練習パッド
  5. メトロノーム

ドラムスティック

ドラムスティック

まず1つ目はドラムスティックです。

ドラムを叩くためにはドラムスティックを使って演奏します。

演奏しているとスティックが削れてきたり、折れたりするので、消耗品として考えてください。

スティックによって全然使い心地も変わるので、色々なスティックを試して、自分に合うものを探しましょう。

スティックは長さや重さ、素材など色々選ぶ基準がありますが、最初は以下の物を買えばオッケー。

  • 素材:ヒッコリー
  • 長さ:400mm前後
  • 太さ:14mm前後
  • チップ:だ円形、丸型

よく使われるメーカーは次の通りです。

  • pearl
  • vic firth
  • promark
  • tama
  • zildjian

おすすめはコレ!

チューニングキー

2つ目はチューニングキーです。

チューニングキーとはその名の通り、ドラムのチューニングをするためのキーです。

ドラムのフチのテンション・ボルトを調節することでチューニングします。

また、ドラムのネジを固定するのにも使う場合があるので、チューニングをするしないに関わらず、1個はあった方がいいです。

おすすめはコレ!

created by Rinker
¥440 (2021/10/23 13:34:56時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥550 (2021/10/24 01:22:41時点 楽天市場調べ-詳細)

スティックケース

3つ目はスティックケースです。

ドラムを始めるとスタジオに練習に行ったり、ライブに行ったりと移動することがあります。

その時にあれば便利なのがスティックケースです。

カバンにスティックを入れて持ち運ぶのもいいですが、スティックを使用していると削れてくるので、カバンの中に木屑が落ちます。

ドラム自体にスティックを取り付けることで、演奏中にスティックを落としてしまってもすぐに新しいスティックを取れます。

おすすめはコレ!

練習パッド

練習

4つ目は練習パッドです。

ドラムを自宅で練習するときにあれば練習効率が格段に上がります。

大学時代はジャンプにガムテープをぐるぐる巻きにして叩いていましたが、叩く音がうるさすぎて近所からクレームが来ました笑

自宅練習で気をつけることは騒音と振動です。

練習パッドを使うことで、音が比較的に小さくなり、スティックの跳ね返りも生のドラムに近いので、

より実践に近い練習をすることができます。

まーしー
まーしー

振動が気になるときは練習パッドの下にクッションやタオルを置いて練習しよう

おすすめはコレ!

メトロノーム

5つ目はメトロノームです。

ドラムはリズム楽器のなので、リズムに合わせて練習するのが基本です。

昔ながらの振り子式ではなく、電子式のメトロノームを買いましょう。

無料アプリでも大丈夫ですが、スマホで撮影や録音をする場合、買っておくのがいいでしょう。

おすすめはコレ!

あれば便利なもの

練習するのに必ず必要ではないですが、あれば便利なものを紹介します。

  • フットペダル
  • ペダル用練習パッド
  • スネアドラム

フットペダル

あれば便利なものとして1つ目はフットペダルです。

フットペダルはバスドラムを演奏するためのものです。

ほとんどのスタジオには備え付けてあるので、なくても大丈夫ですが、それぞれ踏み心地が違うので、毎回同じ感覚で練習するためには買っておいた方がいいです。

フットペダルにはシングルペダルとツインペダルの2種類あります。

演奏するジャンルにもよりますが、最初はシングルペダルで大丈夫でしょう。

  • シングルペダル:初心者向き。シングルチェーン、ダブルチェーン、ゴムベルト等いくつか種類がある。
  • ツインペダル:メタル等のバスドラムを多用するジャンルを演奏するなら必要

おすすめはコレ!

ペダル用練習パッド

フットペダルを購入する場合は家で練習できるように、ペダル用の練習パッドも買いましょう。

家でも手足の感覚を練習できるようになれば、格段に上達速度が変わります。

まーしー
まーしー

自宅でのペダル練習は周りに振動が伝わりやすいので、タオルやカーペットを敷いて対策すると近所迷惑にならず安心!

おすすめはコレ!

スネアドラム

スネアドラム

ドラムを演奏する上で一番使うのがスネアドラムです。

これもスタジオに備え付けてあるので、絶対必要というわけではありません。

ただし、スネアそれぞれで音が変わるので、毎回チューニングして音を一定に保つのは大変です。

自分のお気に入りのスネアドラムを1台持っておくと、常に一定の音で演奏でき、テンションも上がります。

素材や銅の深さで音の特徴が変わります。

材質材質サウンドの特徴
メタルスチール(鉄)アタックが強く、キレのいいパワフルなサウンド。
ブラス明るく豊かなサウンド
アルミ明るく軽快で、キレのあるサウンド
コパー(銅)柔軟で深みのあるサウンド。上質なサスティンが魅力。
ウッドメイプル硬い材質。立ち上がりのいい明るいサウンド
バーチ柔らかい材質。丸みがあり、暖かいサウンド
マホガニー中低域が豊かな、甘くまろやかなサウンド
ビーチ明るくふくよかで、特有のコシのあるサウンド
オーク低音が効いた太いサウンドで、耳に痛くないのが魅力
ブビンガ硬めでアタック感のあるパワフルなサウンド
  • 浅胴:シャープでキレのいい音
  • 深胴:太くパワフルな音

楽器店に行けば、試奏させてもらえるので、色々試して自分に合うスネアドラムを見つけることをお勧めします。

どれを買えばいいか分からない人はとりあえず以下の基準で買えばオッケー

  • 材質:メタル
  • 深さ:5.0〜5.5インチ
  • 口径:14インチ

おすすめはコレ!

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドラム初心者が買うべきもの5選とあれば便利なものは以下の通りです。

ドラム初心者が買うべきもの5選
  • スティック:材質ヒッコリー・長さ400mm前後・太さ14mm・チップだ円形か丸型
  • チューニングキー
  • スティックケース
  • 練習パッド
  • メトロノーム
あれば便利なもの
  • フットペダル:シングルペダル
  • ペダル用練習パッド
  • スネアドラム:材質メタル・深さ5.0〜5.5インチ・口径14インチ

これらを購入して、楽しいドラムライフを過ごしましょう。

ドラムについて知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

それでは、またっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました