ドラムってどんな楽器?役割や名称、メリットなどの基本を徹底解説

ドラムを知ろう
  • ドラムに興味ってどんな楽器なの?
  • 興味があるけど、難しそうで自分ができるか分からない
  • 今から始めても遅くないの?

音楽を聴くのが好きだったり、ドラムに興味があるけど、そもそもドラムがどんな楽器か分からない。

ドラムを始めたいけど、難しそうでなかなか始められないってことありますよね。

こんにちは、まーしーです。

僕は大学から独学でドラムを始めて、ドラム歴10年以上の趣味ドラマーです。

僕もドラムを始めようと思った時に何から始めていいか分からず、ネットで情報を集めて始めました。

この記事ではドラムの役割や名称、ドラムをやるメリットなど、基礎を解説しています。

この記事を読めば、ドラムの基礎知識が身につき、ドラムに挑戦したくなりますよ。

それでは早速いきましょう。

ドラムってどんな楽器なの?

ドラムセット

一括りにドラムと言っても1つの楽器ではなく、複数の打楽器やシンバルを組み合わせたドラムセットを演奏する楽器です。

演奏にはドラムスティックを使い、両手足でそれぞれの打楽器を叩くきます。

両手足がバラバラに動くので、難しいというイメージを持つ人も多いです。

実際は規則性があるので、慣れれば誰でもできますよ。

一定のリズムでビートを刻むことで曲の土台を作ります。

  • 複数の打楽器やシンバルを組み合わせたドラムセットを演奏
  • ドラムスティックを使って、両手足を使って演奏
  • 一定のリズムでビートを刻み曲の土台を作る

ドラムの役割って何?リズムキープと曲の指揮者

ドラムの役割とは主に以下の2点です

  1. 曲のリズムやテンポキープ
  2. イントロ→Aメロ、Bメロ→サビなど、曲の展開の合図を出す

曲のリズムやテンポをキープするのはイメージしているかもしれませんが、

曲の展開の合図を出す(フィルイン)ことで、バンド全体の指揮者のような役割も持っています。

ドラムセットの名称

ドラムは単体の楽器ではなく、シンバルや打楽器などが合わさったドラムセットを演奏します。

手にはスティックを持ち、両足も使って演奏するので、難しそうと感じる人も多いかもしれませんね。

それぞれの名称を解説していきます。

参照:http://saburoclinic.com/drums_name/

ハイハット

リズムを刻むメインのシンバルです。

上下2枚のシンバルで構成されていて、左足でペダルを踏みオープンクローズさせることで幅広い音色を演奏できます。

スネアドラム

ドラムセットの中で一番音程の高いドラム

基本の8ビートでも使われたり、曲のアクセントに使ったり、一番使うドラムです。

バスドラム

ドラムセットの中で一番低いドラム

右足で演奏し、拍の頭に入れることが多いです。

上記のハイハット、スネアドラム、バスドラムの3点セットで基本の8ビートは演奏されます。

クラッシュシンバル

曲のアクセントを出すために鳴らすシンバルです。

ジャーンという大きい音が特徴です。

ライドシンバル

ハイハットの代わりにリズムを刻むシンバルです。

ハイハットがチッチッと短くなるのに対し、チーンチーンと幅のある音が鳴ります。

ジャズなどでチーチッキチーとレガートを叩くのにも多様されます。

ハイタム、ロータム(タム)

スネアの前にある2個のドラムをハイタム、ロータムといいます。

曲の展開の合図のフィルインで使うことが多いドラムです。

ロータムを外して、ライドシンバルを置く1タムのドラムを使用する人もいます。

フロアタム

ハイタム、ロータムと同様に曲のフィルインで使われるドラムです。

たまにハイハットやライドシンバルのようにリズムを刻むのにも使われます。

以上が基本的なドラムセットの名称です。

ドラムセットの名称についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
「ドラムセットのそれぞれの名称や役割、音を解説

ドラムはどうやって演奏するの?ドラムスティックの基本

ドラムスティック

ドラムはドラムスティックを使って演奏します。

ここではスティックの基礎知識を解説します。

スティックの基本:チップ・ショルダー・シャフト・グリップ

参照:https://drum-hakase.com/1188/

ドラムスティックは部位により名称があります。

  • チップ:スティックの先端。基本ここで叩きます
  • ショルダー:スティックのチップの下。シンバルはここで叩きます
  • シャフト:ここは基本的には使いません。
  • グリップ:スティックを持つ箇所です

譜面の読み方

ドラムを演奏する時に譜面を見ることがあります。

譜面は画像のような五線譜に音符が書かれており、それぞれの場所で叩く場所が変わります。

譜面によって表記の仕方が変わる場合もあります。

曲と聴き比べてどこを叩いているか確認しましょう。

ドラムは独学でもできるようになるの?

ドラム叩く人

ドラムを始める時にどう始めれば良いか分からないと思います。

結論から言うとプロに習う方が上達速度は早いかもしれませんが、独学でドラムをすることは可能です。

現在ではネットでもドラムの演奏の仕方や練習方法など、無料でも有益な情報を集められるので、
自分次第でどんどん上達していけますよ。

現に僕も10年以上ドラムを続けていますが、習いに行ったことはありません。

それでも演奏時に困ったことはないので、一緒に頑張りましょう。

大事なことは練習や演奏を楽しむことです。

ドラムはどこで練習するの?自宅とスタジオでの練習

自宅練習

ドラムを練習する場所として、自宅スタジオの2箇所が挙げられます。

自宅練習

  • 練習パッドを叩いて基礎練習
  • クッションや枕を並べて、ドラムセットのイメージトレーニング
  • 耳コピや譜面で曲のドラムを覚える
  • Youtubeでプロドラマーの演奏を見て勉強する
  • 電子ドラムを自宅に置いて練習する

スタジオ練習

  • 生ドラムを叩く
  • ドラムセットを使った基礎練習
  • 曲を流しながら、曲に合わせて演奏する
  • 録画・録音をして自分のプレイを客観的に見る
  • 他のメンバーと一緒に練習する

こちらの記事ではより詳しく練習場所について解説しています。
「ドラムはどこで練習するの?自宅練習、スタジオ練習のメリットデメリットを解説」

ドラムをやるメリット

もともと趣味もなくバイトに明け暮れていた高校生でしたが、大学に入りドラムを始め、人生が変わりました。

そんな僕がおすすめするドラムのメリットは次の通りです。

  1. 楽器の中でもやる人が少ないので、需要が多い
  2. リズムに強くなる
  3. ストレス発散になる
  4. 一生の趣味ができる
  5. 友達ができる
  6. かっこいいと言われる
  7. 肩こりがなくなる

ドラムを始めるのに買うべきもの

ドラムを始めようと思った時に最低限買った方がいいものは次の通りです。

初心者が買うべきもの
  1. ドラムスティック
  2. チューニングキー
  3. スティックケース
  4. 練習パッド
  5. メトロノーム

こちらの記事ではより詳しく初心者が買うべきものを解説しています。
「ドラム初心者が買うべきもの5選」

まとめ

以上、ドラムについての基礎知識を解説してきました。

おさらい
  • ドラムとは色々な打楽器が組み合わさったドラムセットを演奏する。
  • リズムキープで曲の土台を作り、フィルインで曲の展開を指揮する。
  • それぞれの名称
  • ドラムスティックの基本:チップ、ショルダー、シャフト、グリップ
  • 譜面の読み方
  • 早く上達したいならプロに習う。ネットで情報を集めて独学でも可能
  • 自宅練習とスタジオ練習を行う
  • ドラムをやるメリット
  • 買うもの:スティック、チューニングキー、スティックケース、練習パッド、メトロノーム

これから始めようか迷っている方に少しでもドラムをやってみたいと思ってもらえたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました